IoT

IoTエンジニアとしてフリーランスで食べていく方法はあるか

投稿日:

Web系エンジニア、サーバエンジニア、インフラエンジニア、デザイナー、、、などなど。IT系のフリーランスエンジニアといえば、前述の分野のエンジニアの活躍が目立ちます。フリーランスエンジニア向けの案件でも、Web関係を中心に、プログラミング系が大多数。

IoT専門のエンジニアはフリーランスとして食べていくのは難しいのでしょうか?フリーのIoTエンジニアを目指している私が考えてみました。

IoTエンジニアとしてフリーランスで食べていく方法はあるか

転職サイト等見ても、IoT向けのフリーランス案件は思いのほか少ないのが現状です。

ただ、私のいる製造業界はIT化、IoT化、AI化、ロボット化が最大ブームが到来しています。ブームではありますが、このブームに乗り遅れると、生産性の向上は見込めず、企業活動の死活問題となりうるため、各社必死です。

そこにIoTエンジニアとしてフリーランス活動ができる光明を見出しています。

IoTコンサルティング業がひとつの解

IoTエンジニアの強みは何でしょう?私が考えるIoTエンジニアの強みは以下の通り、広範囲の専門知識です。

IoTエンジニアの強み

  • IoTデバイスの設計・開発スキル
  • IoTシステムの設計スキル
  • IoTシステムの構築スキル
  • IoTシステムの・保守運用スキル

私はデバイスの設計開発はできません。しかしながらIoTデバイスを扱うには、多少の電子回路を理解する能力と、システム全体を俯瞰してマネージメントする能力、そしてプログラミング能力やセキュリティ知識と、非常に守備範囲が広いのです。

製造業におけるIoTエンジニアの仕事内容とスキルの磨き方

IoTエンジニアといってもその守備範囲は広く、デバイスやネットワーク、サーバ、セキュリティ・・・とシステム全体を俯瞰して捉える必要があります。大手IT企業では、サーバはサーバエンジニアが、セキュリティ ...

続きを見る

プログラミングひとつとっても、IoTデバイスを動かせるだけではシステム構築できません。データベースを設計・構築できるスキル、そしてシステムをネットワークで運用するスキル、データベースのデータをWebなどで可視化するスキルが必要です。

ただ、すべてが完璧である必要はなく、自分の得意分野さえ持っていれば、あとは得意なフリーランス同士で協力しあえば良いと考えています。「今のIoTの技術で何ができるのか」さえわかっていれば、IoT案件をこなしていくことは可能になるのではないでしょうか。

上記のような考え方から、IoTエンジニアに適したフリーランスとしての働き方は「コンサルティング業」が適していると考えています。IoTシステム全体を理解した技術者からの提案やアドバイスほど、顧客にとって心強いものはありません。自分が学習してきた知見を活かせるのも、コンサルティングの現場でしょう。

IoTコンサルを目指すなら資格取得は必須

資格が無くてもコンサルティング業は可能です。しかし、資格や検定などで、スキルを明文化しておくと、信頼性が違います。幸いにもIoTスキルを認定してくれる検定がありますので、IoTエンジニアとしてコンサルティングをするならば、取得しておきたいですね。

下記記事にてIoT検定に関して詳細に解説しています。

IoT資格の種類と内容、受験料、開催時期の解説【エンジニア必見】

IoTエンジニアとして、資格を取得しておきたいとお考えのあなたに、IoT資格の種類と試験内容、受験料や開催時期などを説明します。今後ますます需要が増すIoTエンジニア。他との差をつけるためにも資格取得 ...

続きを見る

IoT検定の合格者は、設立団体からIoTのプロとして、コンサルを必要としている企業へ紹介してくれる仕組みがあるようです。これを使わない手はありません。

コンサル業が定着すれば、講演依頼やIoTセミナーを主催するなど、事業の幅は増えていきます。アイデアをすぐに実行できるところも、フリーランスのメリットですね。

営業や事務手続きを代行してくれるサービスもあります。営業に追われて、フリーランスとしての作業時間がなくなってしまっては本末転倒です。自分が一番得意な分野に時間を使うためにも、利用できるサービスはどんどん利用していきたいですね。


ITエンジニアの方へ総合的なサポートをお約束します。【Pe-BANK】

ひとりIoTメーカーも夢じゃない?!

少し目先を変えると、IoTで培った技術は農耕やスマートホーム(家電)といった分野にも応用が利きます。センサーをデバイスに接続し、データを可視化するスキルは、業界が違っても活きるんですね。

今や農業へのIoT導入は盛んに研究開発されています。珍しいところでは狩猟にIoTを利用するケースもあります。

現代では、こういったIoTに関するアイデアを具現化することも、容易になってきています。クラウドファンディングを利用し、資金調達に成功した例がいくつも出てきていますよね。

IoTは可能性の塊です。IoTという技術をつかって、誰かの困りごとを解決するシステムが作れれば、ひとりメーカーも夢ではない時代が来ています。

IoTには可能性があるが、フリーランスは非常に厳しい

IoTには大きな可能性があり、今後需要は確実に伸びていきます。IoT専門で食べていけるエンジニアも増えてくるでしょう。

しかしながら現状では、IoTのみで食べていくための世の中の環境が整備されていません。多様な働き方が認められて、フリーランスという生き方がしやすい世の中になりつつはあります。もう少し日本でフリーランスへの理解が進み、フリーランスエンジニアへのIoT案件が増えてくれば、将来設計もしやすくなります。

ただ、IoTエンジニアで食べている人が少ない現状は、チャンスでもあります。IoTコンサル業なんて、一番ブルーオーシャンじゃないでしょうか?「こうやればIoTのフリーランスになれる」といった道筋はありません。しかし、IoT分野で学んだ豊富な知識と、ひとつ技術的な強みがあれば、必要としてくれる人・企業は必ずいます。あとはどうマッチングしていくか、という気はしています。

どんな業界でもそうですが、中途半端な技術と知識でフリーランス業界に飛び込めるほど甘くありません。私もフリーランスという生き方に憧れてはいますが、企業で勉強させてくれるうちは、とことん技術を習得し、自信をもって独立できる!と思えてた時に初めてフリーランスという道へシフトしたいと考えています。そのための自己研鑽は怠りません。

さいごに

「自由がある」「収入が青天井」「人間関係で悩まなくていい」など、フリーランスのメリットは魅力的です。しかし、フリーランスから正社員や派遣に出戻る方も多く、かならずしも自分の目指した未来があるとは限りません。「企業でIoTエンジニアとして働いた方が、良かった」ということもあるでしょう。何ごとも経験してみなければわかりません。

私はフリーランスに憧れる中で、どうしたら自分の興味のあること、自分の得意なことを仕事として行けるかを常に考えています。考えに考えて、結局企業に居続けるのかもしれません。しかし、アンテナを高く持ち、他人の意見に振り回されることなく、自分の人生を選択していけたら幸せですね。

フリーランスを目指されているすべての方を応援します!

タグ

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

from-age35

中小企業エンジニアです。35歳で急遽プログラミングを覚えることになり、PythonやJavaScriptなどをゆっくりマイペースに覚えています。先端スキルには疎いですが、楽しくコーディングしてます♪最近の興味は【WEB開発】です

-IoT
-, ,

Copyright© 35からのプログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.