IoT

IoTエンジニアを目指そう!スキルを学べるスクール・専門学校4選

投稿日:

これから花形となっていくIT系のエンジニア。製造業や車業界を中心にIoTエンジニアの需要が高まっています。IoTエンジニアの仕事内容は多岐にわたり、なかなか独学で網羅的に学ぶのは難しいとされています。

IoTエンジニアに必要なスキルを体系的に学べるスクールを紹介します。

IoTエンジニア目指すならチェックしておきたいスクール・専門学校

IoTスキルが学べるスクール・専門学校

  • オンラインスクールと通うスクールがある
  • 授業料の一部が給付される制度が利用できる場合がある
  • スクール(講座)は数ヵ月コース
  • 専門学校は2年制~3年制

プログラミングスクールはオンラインスクールも含め、全国どこにでもあります。しかし、IoTを専門に学べるスクール・専門学校はまだまだ少なく、国内でエンジニア育成の環境が整っていない状況です。

少ないなかでも、IoT専門のコースがあるスクールや専門学校がありますので紹介します。

Winスクール

引用:Winスクール

Winスクールは全国に60校あるIT系スクールの老舗です。デザインからプログラミング、CADと、就職に有利なスキルが学べます。

 

近年新設されたIoTコースでは、話題のシングルボードPC「Raspberry Pi」を用いてPythonプログラミングにより、IoTシステムを構築する過程が学べます。個人指導となっていますので、わからないところは講師に直接聞けます。このあたりが、オンラインスクールとの大きな違いですね。

特に製造業においては、このRaspberry Piを用いてIoTにちゃんレンジしようという企業が増えていますので、まさに旬なコースと言えます。

Winスクールでは、「教育訓練給付制度」が利用できるメリットもあります。条件を満たせば、かなりの額が支給されますので、コース受講の障壁もぐっと下がります。まずは、お近くにWinスクールが無いか確認してみましょう。

ヒューマンアカデミー

引用:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーはキャリアップのための資格取得専門企業です。IT系のコースも充実しており、WebデザインからCAD、プログラミング、映像クリエーターなど多岐にわたります。

 

ヒューマンアカデミーでIoTスキルを学ぶメリットはオンラインで学べるコースがあることです。実機を使っての実地研修もあるようですが、地方でIoTを学びたい方には心強いコースです。

ただ、本格的にITデバイスのファームウェア開発やLinux技術を学べるのは基礎コース以上となり。すべてを網羅した総合コースは6カ月みっちり学ぶスクールとなっています。総合コースは、IoTエンジニアに必要なスキルが網羅的に学べるようになっており、実務で必要な要素が理解できる内容になっています。

*オンラインで現役エンジニアにアドバイスをもらえる「学習サポート」を受けられるのは基礎コース以上となっています。

まずは資料請求して、自分の学びたい分野であるかチェックしましょう!

情報科学専門学校

引用:情報科学専門学校

神奈川県認可の専門学校「情報科学専門学校」に2017年に新設された「実践IoTコース」です。専門学校とあり、3年間みっちりIoT漬けになれます。(2年制もあります)

 

他のスクールと違って年単位で学べますので、卒業するころには専門家としてのスキルを身に付けているわけです。本気度が違いますね。同窓生と切磋琢磨し、新しい日本のIoTシステム開発の一翼を担うエンジニアとなっていくのでしょう。

就職支援もしており、卒業生の就職先一覧が圧巻です。。。

引用:情報科学専門学校

IoTエンジニアになるぞ!という大きな夢をもって学ぶにはこれ以上ない環境でしょう。当校の実績を見ても安心ですね。

日本コンピュータ専門学校

引用:日本コンピュータ専門学校

日本コンピュータ専門学校は大阪にある有名なIT系専門学校です。この学校の特色はインターンシップを導入していることです。インターンシップとは、一般企業で研修生として実務を学ぶ工程です。普段学習していることが、実務でどれだけ活きるのか、またIT企業で働くとはどういうことなのかを体験できる貴重な制度です。

IoTコースで学べるスキルも、実務的な内容になっており、電子回路からIoT戦略~マネジメントといった実践寄りの内容になっています。かなり攻めたコースかと思います。学び甲斐がありますね!

各スクールの授業内容は要チェック!

各スクール・専門学校の授業内容にはそれぞれ特色があります。IoTデバイスへのプログラミングをメインで学ぶケースから、IoTデバイスそのもののファームウェア設計、そしてIoTを取り巻く業界への戦略と様々です。

IoTと一口に言っても、要求されるスキルは多岐に渡ります。IoTはまだ歴史の浅い分野ですので、IoTの中のひとつのスキルだけを学ぶより、体系的・網羅的に学んでおき、その中で自分の得意分野を作っていけると良いですね。

IoTエンジニアに必要なスキルは下記にまとめてあります。

おすすめ
【必須スキル】製造業のIoTエンジニアに必要な技術・知識まとめ

私は中小製造業にてIoTエンジニアという立場を目指しています。IoTに関するあらゆることを理解しているわけではありませんが、日々製造業のIoT化にかかわるなかで、IoTエンジニアに必要な技術・知識とい ...

続きを見る

自分の学びたいコース、極めたい分野を見極め、希望に合ったスクール・学校を選びたいですね。どこのスクール・学校でも説明会・や体験入学を実施していますので、まずは資料を取り寄せて比較してみましょう。

スクール・専門学校に通う前段としてIoT講座・セミナーもおすすめ

あなたが、IoTに関して全くの初心者であれば、地域で単発的に開催されているIoTセミナーや講座等に参加してみるのもおすすめです。

こういったセミナー・講座は、超初心者向けに開催されている場合が多く、「IoTとは」といった部分や「IoTで何ができるのか」といった本質的なことを学ぶのに一役買います。専門学校に行ってからでも、初歩的なことは十分学べますが、同級生には”すでに分かっている系”のタイプも多く、聞きにくくなってしまいます。

まずは、地元にIoT系のセミナー・講座が無いか確認してみましょう。IT系のイベントはTwitterやFacebookに情報が集まりやすくなっています。たとえば、IoTでよく使われるデバイスのRaspberry Piの勉強会「Raspberry Piもくもく会」などと銘打った勉強会が各地で自然発生的に開催されています。地元に同じ志を持った方がいるというだけでも心強いので、ぜひ探してみてください。

また、セミナー・講座系の情報は商工会に集まりやすいので、地域の商工会に問い合わせるのもひとつです。

まとめ

IoTスクール・専門学校

  • IoT専門はかなり少ない
  • スクールは短期(~6カ月)
  • 専門学校は2年~3年
  • IoTエンジニアは就職にかなり有利

IoTエンジニアを目指す場合、一番専門性を高めてスキルアップできるのは専門学校でしょう。ただ、働きながら専門学校に通うことは難しい為、そういった方は短期のスクールでオンラインで受講できるものがおすすめです。

IoTコースを解説しているスクール・専門学校はかなりすくないのですが、今後非常に人材不足となっていく分野です。間違いなく就職には有利です。「IoTエンジニアになりたい!」という自分の想いを信じて、突き進んでください!

タグ

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

from-age35

中小企業エンジニアです。35歳で急遽プログラミングを覚えることになり、PythonやJavaScriptなどをゆっくりマイペースに覚えています。先端スキルには疎いですが、楽しくコーディングしてます♪最近の興味は【WEB開発】です

-IoT
-,

Copyright© 35からのプログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.