CAD

【無料3D CAD】Fusion360セミナーで特徴と人気の理由がわかりました

更新日:

思いがけず3D CADのFusion 360の基礎セミナーに参加してきました。製造業においても3D CADの導入は格段に進んでおり、設計者でなくとも現場の生産性UPのためのツール」という利用も増えているようです。

「操作が難しい・高価」というイメージの強い3D CADですが、それはただのイメージだということが今回のセミナーでよくわかりました。人気があるわけですね。

【初心者にわかりやすく】Fusion 360の特徴とは

Fusion 360の特徴

  • 無料で使える3D CAD
  • クラウドベースでPCスペックを要求しない
  • CAM、CAE機能搭載
  • 基板CAD「Ealge」連携機能

Fusion 360とは

Fusion 360™ は、3D CAD、CAM、そして CAE が一括して行えるクラウドベースの製品開発プラットフォームです。工業デザイン、メカニカルデザイン、シミュレーション、そしてコラボレーションから製造までの過程を、このツール1つで行うことができます。コンセプト設計からプロダクションまでのツールが融合した Fusion 360 を使うことで、簡単に、そしてすばやくデザインを行うことができます。

引用:AUTODESK

無料で使える3D CAD

学生は3年間無料。そして非営利のユーザーもしくは年間売り上げ100,000ドル未満のユーザーは無料でフル機能使えます。驚愕のサービス精神ですね!私は最新技術等の展示会によく行くのですが、3D CADのブースはいつも素通りです。3D CADはミドルクラスでも100万ほどしますから、自分には無縁と思っていたんですね。自宅で勉強するにしても無料でフル機能使えるのはすばらしいです!

企業ライセンスを取ることにしても、年間7万弱。部品点数2000点を超えるような製品は、処理が重くなるようですが、簡単な冶具の設計や小規模な製品設計にはまったく問題なく使えることが、実際に触ってみてよくわかりました。

まずは30日間無料でフル機能使える体験版を入れてみましょう!

クラウドベースでPCスペックを要求しない

クラウドベースとは、Fusion 360のコアとなる機能がクラウド上にあり、重たい処理などはネットの向こう側で実行されるということです。このメリットは、あなたのPCが高性能でなくともFusion 360が使えるということになります。

通常、CADには高性能なPCが必要です。特に3D表示となると、グラフィックボードやCPU、メモリ等、それべしのPCが必要になるんですね。この部分をFusion 360はクラウドの力を使って解決しています。さすがにWindows XPのようなPCではきびしいですが、通常の業務で使うようなPCのスペックでも快適に操作できる可能性があります。

また、コア機能がクラウドに集約されることで、ユーザーはアップデートを気にせず使えるというメリットもあります。新しい機能が追加されれば、自動でユーザーも使えるようになります。いちいちソフトウェアのアップデートやアップグレードをしなくても良いんですね。

反面、ネットは光回線のような高速回線が必要になりますね。

CAM、CAE機能搭載

3D CADだけでなく、CAMとの連携、そしてCAE機能まで搭載した高機能アプリケーションなんですね。私のように、いち技術者にはそもそもCAM、CAEがよくわかりませんでしたので、用語解説しておきます。

メモ

CAMとは、プログラムで動作する工作機等の加工プログラムを作成するためのシステム・ソフトウェア

CAEとは、コンピュータ上で設計した製品のシミュレーションを行う分析技術。

Fusion 360がCAM連携できて、CAEもできるということは次のことを意味します。Fusion 360で作製したデータをCAMに落とし込み、そのまま工作機械で加工できる。また、製品化する前に、部品同士の勘合具合や、部品の耐性をシミュレーションできる(CAE)

正直、2D CADしか触ったことの無い私にとっては衝撃でした。Fusion 360のデータをそのまま加工屋さんに渡せるような体制が整えば、本当に生産性は高まりますし、まず図面の読み間違いのようなミス・戻り作業が撲滅できそうな気がしませんか?

基板CAD「Ealge」連携機能

Eagleという基板設計ソフトがあります。基板CADなどと呼ばれ、基板製作に利用するユーザーの多い人気ソフトです。このEagleをFusion 360の会社AUTODESKが買収することにより、Eagle - Fusion 360の連携が実現しました。

基板のパターン図をFusion 360で読み込んで、そのまま基板用の筐体設計ができます。これが出来ると、「筐体に基板が入らなかった」「筐体のコネクタ穴の位置がズレていた」といったことが防げます。なにせ、画面上で基板と筐体の勘合具合がわかりますからね。

シングルボードの組み込みI/Oなどを作るケースに非常に重宝する連携機能ですね!

操作感からわかったFusion 360人気の理由

まず、学生が3年間無料でフル機能を使えるというのがすごいですね。無料で使える3D CADはDesignSparkなどもあるようですが、無料=機能制限などがあって使いにくいものです。その点で、学生や非営利ユーザーは機能制限なしで無料利用可能とは、太っ腹が過ぎます(笑)

そのコンセプトのおかげで学生利用が進み、そしてその学生が就職しても使い続ければ企業利用も増える、といった構造を目指しているのでしょうか。

人気の理由は、その使いやすさにもあります。実際に使ってみてわかることですが、これほどまで直感的に操作ができるとなると、独学でも作りたいものの設計が容易にできるようになります。わずか半日のセミナー参加で、私も意匠形のデザインや、ネジ設計などができたので、「誰でもできる」という感覚を持ちました。

CADで3Dモデルを作成するには、線と線の隙間がタブーとされています。Fusion 360は操作の中でそういった線の隙間が発生しにくいツールになっており、「うっかり線が途切れていた」ということが起こりにくいのです。初心者ならずともプロにとってもありがたい作りですよね。

また、人気=情報が多い ということにもなります。ネットで検索すれば使い方がすぐに出てくるのはうれしいですね!オンラインの3Dプリントサービスを使えば、3Dプリンターを持たずして製品を実現できます。加工図等書かなくても、3Dプリンター用のデータを出力して入稿するだけで、早ければ数日で製品が手元に届きます。頭の中にあるアイデアを具現化するのに、こんなに便利なツールは無いですね。

独学でもなんとかなっちゃう

Fusion 360の体験版をダウロードして使ってみるとわかるのですが、マウス操作で大抵のことができます。2D CADの時のように、テンプレートを読み込んで・・・縮尺設定して・・・コマンド打ち込んで・・・といった面倒な作業なくすすめられます。

さすがの人気CADだけあり、出版書籍も多いです。1冊、評価の高い本を手元においておけば、独学でもFusion 360を使いこなすことができそうですね。まずは、公式のチュートリアルを見つつ、必要になれば本の購入をおすすめします。

Fusion 360は生産現場で使いたい3D CAD No.1

企業で使うには有料ライセンスとなりますが、それでも年間7万円弱。Fusion 360による生産性の向上を考えればタダのような金額です。

例えば生産技術者が簡単な治工具を自分で設計し、発注すればモノとなって届くわけです。画面上で勘合具合や強度確認までできるわけですから、使いやすいことこのうえないです。これまで設計者や専門メーカーに依頼していた仕事が、自社 ー 加工屋さんという1本のルートのみでできるようになります。簡単な樹脂ものであれば、3Dプリンターを用意すれば自作できてしまうわけですね。

3Dプリンターは10万円以下で購入できるモデルも出てきていますし、今はレンタルもあります。またDMM.make AKIBAのよに、誰でも使えるサテライト工場のようなサービスもあります。「自分でやってみること」の敷居がものすごい速度で下がっています。

DMM.make

まとめ

人気の3D CAD「Fusion 360」について、セミナーに参加してみた使用感から特徴をまとめてみました。

  1. フル機能を無料で使える(企業ライセンスも格安7万/年)
  2. 高性能PCを必要としない
  3. CAM、CAE機能で設計から製造までの安心感が強い
  4. 基板CADとの連携も可能
  5. 独学での操作マスターも容易

といった特徴があり、入門用を通り越してプロ仕様となっています。パソコンとネット、そしてアイデアさえあれば、自宅で製品が作れてしまう時代です。製造業ならずとも注目したいモノづくりツールですね!

ちなみに、私の自宅PC(core i5-7200、メモリ16GB、256SSD)でもサクサク動きましたよ^^

タグ

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

from-age35

中小企業エンジニアです。35歳で急遽プログラミングを覚えることになり、PythonやJavaScriptなどをゆっくりマイペースに覚えています。先端スキルには疎いですが、楽しくコーディングしてます♪最近の興味は【WEB開発】です

-CAD
-,

Copyright© 35からのプログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.