職業プログラマーへの興味は消え失せたけど、プログラミングは一生もの

職業プログラマ 断念

正直な話、私には

『プログラミングを極めて、独立して高収入と自由を手に入れる!』

という野望があった。

30歳過ぎで本格的にプログラミングを始めたものの、「なんとかなるんじゃないか?」という根拠のない自信と、実際に成功している遅咲きプログラマーの情報発信に”あてられている”部分があったと思う。

しかし結果としては、職業プログラマーを目指すのはやめた。

目次

職業プログラマーを目指すのをやめた理由

職業プログラマーを目指すのをやめた理由は、

プログラミングを長時間していると、割と深刻なレベルで

  • 頭が痛い
  • 目が痛い
  • 肩が凝る

という状態が続くことも理由ではあるが、

最も大きな理由は

「プログラミングの中で好きなことしか勉強する気が無い」

ことに気づいたから。

職業としてのプログラミングに臨むのであれば、このような考え方では組織やクライアントはたまらないだろうな。仕事にならない。(個人開発でプロダクトインという方式では、あるいは有効かもしれないけど)

つまり、生産性を上げるためのスキルより、自分のアイデアを実現するための手段としてのプログラミングにしか興味がもてなかった。

「プログラミング好きだけど、職業にしていくのはちょっとなー」と感じている人にはわかってもらえるかな?

他人の価値観の中で自分を追い込んでいくことに意味を見出せないというか。難しいけど、好きな部分にフォーカスして生きたいという気持ちが強いんだろうね。

「プログラマー、3○歳定年説」などと叫ばれる中で、私はすでに世間でいうところの”定年”を超えてのスタートだったこともあり、残りの人生を考えると、”職業プログラマーで高年収” というジャンルにしがみつくよりは、好きに生きることを優先したいと思う。

職業プログラマーになれなかった言い訳かいな!

と言われそうですが、実際その通りで、プログラミングで食べていくことを目指さない明確な理由は必要だったかな。

経済的自由獲得を優先すると、捨てなきゃらないものが増える

高収入を得て、経済的に解放されたい!

という思いは、多くのビジネスパーソンの願望かと思う。

だから年収で就きたい業種を選ぶようなことが起こるんだよね。プログラミングなんかはその最たる例で、「〇〇年までに高度IT人材が80万人不足」なんてデータを公表し、ブームに拍車がかかった。

私自身も理由は「業務に必要だから」だったものの、プログラミングを始めた当初は”高収入獲得!”という夢があった。

しかし、高い収入には高いスキルと能力が必要だ。高スキル、、、いわゆる一線級のプロになるには、1万時間の法則といわれる努力の時間と、そのスキルを使いこなすだけの案件の理解力等が当然必要になる。

家族との時間や趣味の時間など、人生を豊かにするための余白を全部潰してやっと得られるような努力の期間中に失うものの大きさを考えると、「ただ高収入が得たい」という理由だけでは耐えられないケースが多いだろう。私もそうだった。

プログラミングが超絶面白いものだと気づけたこと、そして学習する習慣が付いたことは大きな収穫だったが、これを職業として高収入を得るほど活躍している自分は、いつしか描けなくなっていた。

自分にとって何が大切か、よくよく考えてしまうんだよね。特にコロナ禍で自宅にいる時間が長いと。

「プログラミングは一生続けられる」という直感はある

”職としてのプログラミング”というレールからは外れたものの、プログラミング熱が下がったわけでもなく。むしろプログラミングをする自由度は上がった気がする。(仕事になるかどうかで技術選定しなくて良い分、興味の限りつまみ食いできる」という意味で)

職業プログラマーでなければ、プログラマーではないのか?

というと全くそんなことはない。

優秀なエンジニアが足りない!と言われる現状で、私のような低スキルのプログラマーを、一緒くたに”プログラマー”と呼ぶことに抵抗感を示す層がいるのも理解できる。

ミュージシャンにもプロ/アマがあるように、野良のプログラマーも立派なエンジニア。それで食べているかどうかだけの違いで、本来は社会的地位や人間の優劣に関係する話じゃないはずなんだ。最初は誰でも初心者なんだし。

私の場合は、

面白いからやる。

それでいいじゃないかと思えて、今は趣味で思い切り楽しんでプログラミングをする方向に意識変換した。

職業プログラマーを目指したものの、プログラミングに挫折してやめちゃう人多いようだけど、私はむしろ「こんなに面白いもの、おいそれとやめられるかーい!」って感じ。

お金と切り離すと、気持ち的な部分で非常に楽になった。コードなんかコピペでいいし(笑)

趣味思考になってからの方が、よりプログラミングすることを意識する場面が増えている気すらする。不思議だ。

プログラミングは一生続けてるだろうな・・・という直感はある。まぁ直感だから数年後にはスッパリやめてるかもしれないけど(笑 少なくとも作ってみたいアプリがいくつか思いつくうちは、朝4時起きでキーボード叩くんだろうな。

自分のためにプログラミングする、という時間は至高だね。

さいごに

「なぜプログラミングをするのか」という問いに、”収入のため” でなく、「嗜(たしな)みの一つ」と答えられるくらいに、自分の思考が整理できた。

好きなもののつまみ食いはサイコー!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる