etc.

製造業の技術者はどうして働きに応じて給料が上がらないんだろう

投稿日:

私自身は「技術者だ、エンジニアだ」と言い切れるほど技術的なスキルもなく、仕事も開発メインではありません。

しかし、職場内の技術者が新しい装置やシステムを開発するたびに思うのです。

「製造業における技術者・エンジニアの給与は、なぜ働きに応じて上乗せが無いんだろう?」と。

私は製造業しか知りませんので、他業種でも同じ給与構造かもしれませんが、製造業エンジニアの仕事に対する評価方法が間違っている気がしてなりません。

製造業のIT化は猛烈なスピードで加速しています。生産性向上に寄与するエンジニアの貢献度は相当なものがあると思うのです。それなのに、、、

そもそも技術者の評価って、誰ができるの?

冒頭、「技術者の評価方法が間違っているのでは?」と書きましたが、よくよく考えると、技術者を評価する方法を知らないのでしょう。その技術の高さと、開発品完成までの過程を正しく評価できるのは、その仕事がわかっている人だけだと思うのです。

とすれば、評価や査定をする側も勉強が必要です。しかし、管理職や役員になると、勉強しているそぶりすらありません。その管理職手当や役員報酬は「上から怒られるのをガマンする我慢料じゃないんですよ!」と言いたい。まぁ言うだけ無駄か。

管理職や役員も、好きでその仕事をしている人はほとんどいないでしょう。となると、当然その分野に関して勉強なんてしませんよね。技術者のやっていることのすごさがわからないのも当然です。そして、そんな人が技術者を評価するのですから、当然給料も上がりません。

なんだかわからないけど凄いんだろうな」くらいの感覚ですもん。

技術者は、プライベートの時間を使って勉強し、仕事中に開発しています。当然”好きだから”できるんですが、そうはいっても、プライベートの時間を勉強に充てている企業貢献度を給与に反映しないのは愚行というより無知にもほどがあります。

しまいには「好きで勉強してるんでしょ?」とかいう始末。会社がよくなるわけありませんよね。

慣例に従っていては誰もがやる気をなくす⇒結果、企業力がなくなる

こういう企業体質だと何が起こるか。

技術者が給与に見合う仕事しかなくなります。そして、正当に評価してくれる会社に転職します。またはフリーランスとして独立してしまいます。

もはや、製造業の慣例に従って技術者を評価していては、会社をつぶしかねないのです。年功序列のような日本の古い考え方を踏襲したばかりに、自社で開発する力を失い、結果「生き残れない」ということになります。考えればわかることですよね。

技術は会社の個性です。個性のない会社は淘汰される未来が待っています。今いる技術者を特別優遇する必要はありませんが、彼らのやっていることをしっかり分析・評価し、新しい技術者を育てることに、時間とお金を使ってほしいものです。

今いる技術者は涼しい顔でと転職先や独立を目指していますよ。成果物を褒められるだけじゃ、やる気起きませんもん。

優秀な技術者を囲うには「給与と環境」しかないのに

2030年までに技術者(特にIT分野)不足は約80万人にも達するといわれています。

もうすでに優秀な技術者の奪い合いは起こっており、弱小企業には優秀でなくとも技術者は来ません。そんな時代です。仮に今、技術者が会社にいるとして、今後さらに技術者の需要が増す中で、その方がずっと会社にいてくれる保障なんてありません。

当然、給料や福利厚生などの環境で魅力的な提案ができる企業しか、技術者を採用できない時代に突入します。現に海外(シリコンバーレや中国:深センなど)では当たり前になっています。

シリコンバレーでは、優秀なエンジニアは新卒でも年間1700万円の給与らしいですよ。日本はどうですか?せいぜい400万円程度ですよね。日本の業界の事情を鑑みても安すぎますよね。もし、新卒でも1000万円くらい出す会社が出てくれば、人材は一気に流れるでしょうね。

優秀な人材をお金で集めることができるのは明白なのに、そこに投資しない日本の企業風土は何なんでしょう??

今、その開発ができているのは「たまたま」だということに気づいていない

今、会社に技術者がいる

という企業もまったく安心できません。これまで、技術者はそれほど人気のある職種でも、日の当たるジャンルでもありませんでした。しかしこれからは違います。花形プログラマーは会社のスターだといわれますし、生産性を大きく上げられるのは技術者の技術です。企業の心臓みたいなものですよね。

技術者がいて、その心臓が動いているのは「たまたま」なんじゃないでしょうか?

  • たまたま家が近い
  • たまたま他にいい会社が無い
  • たまたま縁が合って入っただけ

そんな偶然に社運を賭けたって、技術者が嫌になればパッとやめちゃいますよ。だって、これからは技術者引っ張りだこの時代です。会社に恩義を感じて安い給料で残ってくれる仏様のような技術者はいません!

技術者だけ給料上げろと言ってるわけじゃない

技術者の技術に敬意を払って、給料をガンガン上げろ

といっているわけではありません。敬意は払うべきですが、技術者だけ優遇するのは、やはり間違いでしょう。とはいっても一般社員の給料までは簡単には上げられません。

しかしどうでしょうか。製造業ならば技術者が開発したシステム等で生産性が上がれば、その分全社員の給与に還元することはできるんじゃないでしょうか。

そういうサイクルを作れば、会社全体で技術者を応援しますし、技術者もそこにやりがいを感じて頑張るでしょう。その頑張る源が高い給与だったりするわけです。上手な給与体系を組んで、社員の「やる気」を上手に循環させてほしいものですよね。

「頑張れば報われる」、「正当に評価される」ということが社員に浸透すれば、現場の社員の中から技術者になるものも出てくるかもしれません。技術者は外部から雇うのは大変な時代です。やはり内部から育てる、これが一番です。

業界の給与構造を嘆いても仕方がない、エンジニアはフリーランスへ

働く側と雇う側の間に、根本的な隔たりがある以上、日本の製造業における技術者の待遇が改善されることはないでしょう。

会社で力を付けた技術者は独立を考えるでしょうね。フリーランスで働いた方が給料と環境については改善されることが多いからです。

会社で付けた実力をもって独立されては、会社は踏んだり蹴ったりです。その技術者に投資した時間もお金も返ってきませんから。ましてやライバル企業に転職、なんこともありうるわけです。技術者がライバル企業へ・・・なんて想像するだけでも恐ろしいですが。

自分で営業する力のない技術者でも、それを代替してくれるサービスや仕組みができれば、かならず企業という囲いの中から出ていくでしょう。

技術者にも種類がありますが、企業に属さないと仕事にならない技術というのも少ないんじゃないかと思います。「派遣」という働きかたもあるわけですし。

2030年に80万人の技術者不足。この言葉の意味するところが何を引き起こすのか、経営者はよくよく考えてみる必要があるでしょう。

技術やサービスは先進国に負けるな!追いつけ!!というばかりで、肝心のそれを担う技術者に投資しなくては、言ってることとやってることが滅茶苦茶です。そこに気づかないんでしょうか?それとも気づかないフリをしているんでしょうか?

私だってフリーランスになりたい!!

私はフリーランスに人一倍憧れがあります。

夜な夜なこんな本を読みながら、フリーランスで食っていく道を模索しています。夢があって楽しいです。

シリコンバレーで働くようなトップエンジニアになれなくとも、30代後半からフリーランスのエンジニアを目指す道はあると思うのです。それはIoTなのか、CADなのか、それともWEBなのかまだ答えは出ていませんが。

情報だけは常に最新のものを集めながら、いざ、そのタイミングが来た時にはパッと乗り換えられるように準備しています。このまま会社が変わらなければ、やがて現実のものとなるでしょう。

さいごに

自分の給料が安い!と憤っているわけではありません。

自分でもプログラミング等を通じて、「開発」に足を突っ込んだからわかるんです。頭を使った仕事がどれほど大変で、どれほど自己研鑽が必要なのか。それが正しく評価されていない現状に腹が立っているのです。

「他の社員の手前、技術者だけボーナスあげるわけには・・・」

とかわけのわからないことを言っているうちに、技術者はみんな次の職場をリサーチしてますよ。

タグ

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

from-age35

中小企業エンジニアです。35歳で急遽プログラミングを覚えることになり、PythonやJavaScriptなどをゆっくりマイペースに覚えています。先端スキルには疎いですが、楽しくコーディングしてます♪最近の興味は【WEB開発】です

-etc.
-, ,

Copyright© 35からのプログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.