Python

5G通信で開発環境はオンラインに移行するのか【プログラミング】

投稿日:

2時間の映画が2,3秒でダウンロードできる

といわれている次世代通信:5G。都市部と地方のインフラ格差も埋まると期待が寄せられる通信技術が、早ければ2020年から利用開始されるのではと噂されています。

私は、5G高速通信の利用が本学的に進めば、プログラミング開発環境のオンライン化は急速に進むとみています。ちょっと未来のプログラミング環境に思いを馳せてみました。

5G通信でプログラム開発環境はオンラインに移行するのか

2時間の映画を2,3秒で

現在の光ファイバーですら数分~数十分かかるものを、わずか数秒。ちょっと想像もつかない速度なんですが、5Gとはいったいどんな通信技術なのか一度おさらいしてみます。

第5世代移動通信システム(5G)の特徴

  • 無線通信である
  • 現在主流の4G/LTE通信の約1000倍(10Gbps超)の速度が可能
  • 無線の飛距離が4G/LTEより短い

一番の特徴と恩恵は速度が非常に速い無線通信であることでしょう。実際いくらで料金プランが設定されるかの議論は、これから本格化するようですが、仮に+1,000円程度だとすれば、一般も企業も一気に乗り換えるでしょうね。ネット回線の高速化は、どんな業種でも生産性があがりそうですよね。

5G通信の利用開始、良いことだけでは無い

5G通信は、無線の飛距離が4G/LTEより短い帯域と言われています。現在主流の4G/LTEの基地局に増設用の機器を追加するだけで併用できるといわれていますが、電波を延ばすことはできません。そこで、電波業者が5Gを提供するには、各地にある基地局(電波塔)の増設が必須になってくるのですね。

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の通信料金が高いのは、この5Gの電波塔を建てるための費用補填が絡んでいるともいわれています。ネット回線の速度が上がるのは頼もしい話ですが、結局は利用者の負担が増える結果になるのですよね。仕方のないことですが。。。

開発環境のオンライン化はすでに進んでいる

クラウドサービスの加速度的な広がりにより、プログラミング開発をオンラインで進めるプロジェクトはすでに盛んに取り入れられています。

3大クラウドサービス

  • Amazon:Amazon Web Service(AWS)
  • Microsoft:Azure
  • Google:Google Cloud Platform(GCP)

昨今の働き方改革により、テレワークやリモート勤務といった新しい働き方が許容されるようになり、それによって開発環境もオンラインに移行する動きが出てきています。

また、OS等の仮想技術の進歩も開発環境のオンライン化に無関係ではないでしょう。プロジェクト毎に専用の環境構築する技術は様々ありますが、現在はLinuxのコンテナ(Docker)技術を使った環境構築が注目されています。仮想環境で開発して、そのままサービスをリリース、なんてことも将来簡単にできるようになるんでしょうね。

開発環境がオンラインに移行するといいことあるの?

開発環境がオンライン化することのメリットは多いのですが、「コスト」と「生産性」に焦点を当てて考えてみましょう。プログラマーに人気の統合開発環境(IDE):VS Codeも先日オンライン版がリリースされることが発表されました。やはり大企業は、世の中のオンライン化の流れを見越しているのですね。

コスト

5G通信になれば、回線の利用料は上がるでしょう。しかし、上がった利用料以上にコスト面のメリットは大きいと考えています。

たとえば、開発用PCのロースペック化。クラウドベースのサービスでは、処理系をクラウド側のパソコンに任せることができます。クラウドサービスの設備は、並みのパソコンではありませんので、処理をクラウド側に任せられるのは大きなメリットでしょう。開発側があまりハイスペックなPCを用意する必要がなくなってくるかもしれませんね。

以前、ITの展示会でAI画像処理の方とお話したときのことが思い出されます。画像処理系では今でもクラウドサービスが利用されることが多いのですが、これを「自前で用意すると1億円は下らない」とベンダー企業の担当者が言っていました。そういった高額な先端技術をわずかな月額使用料で簡単且つ高速に利用できることを考えると、開発者にとっての「オンライン化」は待ち遠しくもあります。

生産性

製造業が「働き方改革」に追従するには生産性を上げるしかないといわれています。生産性とは、たくさん人数をかけて1時間により多くの製品を作ることではなく、少ない人数で今と同じ(もしくはそれ以上の)製品数を作ること、という考え方にシフトしています。

今、製造業には人が集まりにくいため、より生産性を意識した社内改革が進められている企業がほとんどでしょう。そこに5G通信による開発のオンライン化が寄与できるとすれば、人材確保でしょう。

IT技術で生産性を上げるにはAIやIoTといった分野のスペシャリストが不可欠です。中小企業では特に、こういった技術者は集まりにくいため、外部のベンダー企業のサービスを安易に導入しがちです。ペーパーレスシステムなんかはその最たる例でしょう。

しかし、ベンダーのサービスを入れてしまうと、保守やカスタマイズまですべて任せることになり、自社に技術が残りません。数多あるベンダー企業が将来生き残っているかもわかりません。自社開発できないということがリスクってしまうこともあるんですね。

この点で、いち早くリモート勤務やテレビ会議、オンライン決済等を取り入れれば、地元以外からも全国・世界各地から優秀な人材を獲得しやすくなります。一見、高速通信と生産性がどう関係するのかわかりにくいですが、企業としては優秀な開発人材を集めやすいという大きなメリットが生まれます。インフラの高速化は、雇う側・働く側共にメリットが大きいんですね。

参考にしたサイト

・TIME&SPACE 次世代通信システム「5G」で、私たちの生活はどう変わるの?

・5GMF 第5世代移動通信システム「5G」とは?

・Publickery [速報]マイクロソフト、Webブラウザで動作する「Visual Studio Online」発表

・engadget 「ギガ単価安く」ドコモ、5G向け新料金プランを準備中

さいごに

まだ5G通信サービスの概要も出ていない段階ですが、通信の高速化は夢が広がりますね。

なんでもかんでも便利になれば良いというものではありませんが、スピード感を求められる開発においては「どこにいても同じ環境で開発できる」ということは重要かと思います。

”どうしても会社で開発しなければならない”という開発者もいるかと思いますが、今後様々な形態のアプリのWeb化が進むと予想しています。

神山モデルのように、畑や川の中で開発OK、なんて企業が出てくるかもしれませんね。働くことに苦痛を感じなくなる世の中への第一歩でしょうか?

タグ

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

from-age35

中小企業エンジニアです。35歳で急遽プログラミングを覚えることになり、PythonやJavaScriptなどをゆっくりマイペースに覚えています。先端スキルには疎いですが、楽しくコーディングしてます♪最近の興味は【WEB開発】です

-Python
-

Copyright© 35からのプログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.