Programming

小学校プログラミング授業必修化 どんな内容?家でできる準備は?

投稿日:

2020年からすべての小学校においてプログラミングの授業が必修化されます。私の子ども2人もズバりこの世代ですので、今から学習内容について理解しておく必要がありそうです。教える先生も大変ですが、これまでになかった授業が増えるとなると、親も心配ですよね。

プログラミング授業に備えて、各家庭で対策や準備が必要なのかも調べてみました。

そもそもなぜ小学校でプログラミング授業をするのか

「なぜ小学校でプログラミング授業をはじめることになったのか」ここが最も気になります。

文科省による「小学校プログラミング教育必修化に向けて」という資料によると、下記のようにプログラミング授業を取り入れることになった背景が説明されています。

我が国の競争力を左右するのは何か。それは「IT力」です。ヨーロッパでは、「IT力」が、若者が労働市場に入るために必要不可欠な要素であると認識されています。現に、90%の職業が、少なくとも基礎的なITスキルを必要としていると言われており、多くの国や地域が学校教育のカリキュラムの一環としてプログラミングを導入しています。

一方で日本では、2020年までに37万人ものIT人材が不足すると言われています。今後、国際社会において「IT力」をめぐる競争が激化することが予測され、子供の頃から「IT力」を育成して裾野を広げておかなければ勝ち抜くことはできません。そのような思いから、小学校におけるプログラミング教育の必修化は実現されたのです。

抜粋

ようするに、国の政策としてプログラマーを育成しようとしているのですね。小学生の頃からプログラミングに触れることで、将来のエンジニアを確保しようとしているのです。(ただし、小学生の段階でプログラム言語の習得やプログラミング技能の習得といった高いスキルは求められていません。)

プログラマー・エンジニアという職業は今後確実に需要が増えます。子供たちが将来就職活動をする際にもプログラム・スキルがあれば、人生という選択肢が広がります。就職に有利だからという理由でプログラミングを学ぶのではなく、プログラミングを通して物事をロジカル(論理的)に考えられる人材育成という意味合いが大きいようです。

経営者でもあえてプログラミングを学び、ロジカルシンキングを身に付けるような時代です。小さいころから論理的なものの考え方が身に付いていれば、日本の職業人レベルのボトムアップは約束されて様なものです。プログラムは試行錯誤の上で完成させていくものですので、幼少期からものごとを試行錯誤する癖をつけるには良い教材となるでしょうね。

実際にこの” 小学校プログラミング授業必修化 ”がどんな風に子どもたちの将来に影響していくかは想像できませんが、私はおおいに賛成です。子どもがプログラマーになろうとなるまいと、プログラミングに取り組んだ経験は必ず役に立つと思うからです。

小学校プログラミング必修化 授業はどんな内容?

小学校でのプログラミング授業は、何年生からスタートで、何時間学習するのかが規定されていません。必修ではあるものの各学校におまかせ、という状態でしょうか。どのようなプログラミング言語で、誰が教えるの?ということも気になります。もう来年から始まることですが、不明点ばかりです。

プログラミング言語は?

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」によると、音楽の授業でプログラミング言語や創作用ソフトを用いるとあります。言語スキルが無くてもプログラミングができるグラフィカルなツール利用ではなく、言語を使う想定なんですね。

子供向けプログラミング言語としてはScratchという言語が注目されています。こういった子供向けに開発された教育用言語が採用されるのかもしれませんが、現状では何が使われるかまで言及されていません。

また、教科も音楽や算数、理科、図工科といった科目の中でのプログラミング学習となることが発表されています。プログラミング授業という新たな科目が誕生するわけではないんですね。

誰が教えるの?

基本的には学校の先生です。その授業(音楽や理科、図工など)を担当する先生が授業の中でプログラミングも取り入れていくようです。国の政策とはいえ、英語にプログラミングと先生も大変です。

小学校では、本格的な言語によるプログラミングは目的とされていません。学校の授業で「プログラミング」という世界に興味を持った生徒には、積極的に学校外で学べるように「地域ICTクラブ」が展開されるようです。

なんでもかんでもプログラミング!という状況ではなく、子どもの興味に合わせて学びたいことを選べる環境を構築していくようですね。たしかに、パソコンに興味を示さない子どもも当然いるでしょうし、IT人材不足の為、無理やりプログラミングを覚えさせても子どもの為になりません。

また、先生だけの負担が増えないように、地域ぐるみでのIT活用が活発化していけばいいですね。微力ながら私のような社内エンジニアにも、小学校・中学校のプログラミングに関して協力できることが無いか考えているところです。ぜひ民間を頼ってほしいところです。

小学校プログラミング必修化 家庭で準備や対策は必要?

自宅での自習に備え、子ども用パソコンを購入した親御さんもいらっしゃるようです。まだ、授業が始まっていない段階での購入は、気が早いのかなと思います。文科省の発表をみると、授業で本格的な言語を使ってのプログラミング学習は行われないようですし、小学校段階でのプログラミング授業のねらいは「論理的思考力の育成」や「情報社会への気づき」となっています。

学校の授業を通して、「どうもうちの子はプログラミングが得意そうだぞ」となれば、学校外の子ども向けIT教室などに通わせればよいですし、その時に必要になったらそれべしのパソコンを購入すれば良いと考えます。

ただ、パソコンに触れるのが目的なら高機能な最新パソコンは必要ないですしね。家に眠っている古いWindowsパソコンを復活させることもできるので、今は余計な出費を考えなくても良いでしょう。

WindowsVista世代のPCがLinuxで復活するか試してみた

「古いパソコンがLinuxで蘇る!」みたいな記事をよく見かけます。私は、Windowsがフリーズするようなパソコンが本当に快適に蘇るのかな・・・と半信半疑です。そこで、我が家に眠っているWindows ...

続きを見る

子育ては、子どもの興味を中心に考えていきたいものです。自分の使えるパソコンが家にある、という環境は大切ですが、そこに興味が伴わなければ苦痛ですからね。

さいごに

小学校でのプログラミング授業必修化については、現状「フタを開けてみなければわからない」状態です。文科省の資料を読むと、プログラミングとは言うものの、言語を覚えてコードをガリガリ書いていくような授業スタイルではないのですね。

外で遊びた年頃の子どもたちが、家でも学校でもパソコン、パソコンでは正直悲しいなと思っていましたが、その点は安心できました。頭の柔らかいうちに、情報社会がどのように成り立ち、その根幹でプログラムが動いていることを知るのは非常に良いことだとです。

将来的な興味がプログラムやITに向くかは別ですが、小学校で情報技術の一端に触れることで、将来の選択肢が増えることは間違いありません。

IT職の良いところは、場所を選ばないことです。働き方改革で、在宅のリモート勤務なども今後増えていくでしょう。となれば、世界のどこにいてもIT技術で働くことが可能になるわけです。田舎で悠々暮らしながら、先端技術で生きる。なんてことも夢ではなくなっています。

小学校でのプログラミング授業にあまり大きな期待をせずに、どんなことが起こるのか、我が子の成長を見守りたいと思います。

タグ

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

from-age35

中小企業エンジニアです。35歳で急遽プログラミングを覚えることになり、PythonやJavaScriptなどをゆっくりマイペースに覚えています。先端スキルには疎いですが、楽しくコーディングしてます♪最近の興味は【WEB開発】です

-Programming
-

Copyright© 35からのプログラミング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.